「興奮」ディックフランシス 競馬シリーズ


IMG_20170225_191900.jpg
興奮
おすすめ度 ★★★★★
概要
原題 For Kicks
主人公 ダニエルローク(種馬牧場の経営者)
訳者 菊池光
出版 早川ミステリ文庫

あらすじ
最近イギリスの障害レースでは、思いがけない大穴が十回以上も続いてあった。
番狂わせを演じた馬は、その時の馬体の状況から推して、明らかに興奮剤を与えられていた。
ところが、いくら厳重な検査をしても興奮剤を投入した証拠が出てこないのだ。
どんなからくりで不正レースが行われているのか?
事件の解明を急ぐ障害レースの理事オクトーバー伯爵はオーストラリアに飛び、種馬牧場を経営するダニエルロークに黒い霧の真相をさぐることを依頼した。

早川ミステリ文庫より

スポンサーリンク



感想

オクトーバー伯爵が私の前に現れたときは、うすいブルーの古びたホールデンに乗っていた。
危険と死がひそかに便乗していた。

冒頭いきなりこの描写です。

「危険と死がひそかに便乗していた」
この一文でこれから主人公ダニエルロークの身に起こる困難を表現しています。
うまいですね。

菊池光がこの競馬シリーズをずっと翻訳していくのですが、菊池光の訳もぼくはすきです。

物語最後のほうで、オクトーバー伯爵が主人公に言います。
「きみは腹がたつぐらい自立心の強い男だが、馬丁に落とす気持ちによくなれたものだ。金のためにやったのではないと言うのなら、いったい何のためにひきうけたのだ」
「スリルのためですよ」

しびれます。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、ラストシーンも秀逸です。

ぜひ読んでください。



"「興奮」ディックフランシス 競馬シリーズ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: